占星術とは?

占星術を勉強したいと思った時のおすすめ本

更新日:

占星術について学びたい!と思ったらどういった本を読めばいいでしょうか?

占星術関連の本はとても数が多く、種類もたくさんあるので、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますね。
また最初に買ってみた本があまりに難しすぎて、全然読めなかった。そのうちに占星術の勉強自体、挫折してしまった...ということになってしまう人もいらっしゃるかもしれません。

今回は、今までわたしが読んで来た中でオススメの本をご紹介します。

 

占星術おすすめ本① 今から勉強したい人へ

わたしが一番最初に読んで、占星術を学んだ本です。占星術を学んだことがない人でも、わかりやすく基礎を学べます。

マンガが入っているのでイメージしながら占星術の知識を学ぶことができます。

10の惑星や12の星座(サイン)、ハウスなど基本的なことが網羅されているのでまずはこれを読んで、自分のホロスコープを読んでみると良いですよ。

この本のテーマである「自分のことは自分で占おう」というメッセージも、これから占星術を学ぶ人にとって励みになる言葉だと思います。

 

占星術おすすめ本② 楽しみながら深めたい人へ

知識として学ぶだけではなく占星術の歴史的背景や、占星術が社会に与えてきた影響など知的探究心を満たしたい人におすすめ。

占星術は雑誌の裏表紙の定番となっていますが、そこに至った背景を占星術とメディアの関係から読み解いたり、音楽や文学、美術の作品で占星術的な象徴がどのように扱われているかといったことが話されています。

また、意外かもしれませんが心理学や医術の分野も占星術と関わりがあり、占星術への新しい見方が広がっていきます。

 

占星術おすすめ本③ 全般的なオーソドックスな知識を学びたいへ

なんとなく占星術の世界が見えてきた。
もう少し全体的な知識を身につけたい。
そういう人にはこの1冊がぴったり。
辞典のようにそばに置いておいて、なにか気になることがあればこの本で調べてみるという使い方がおすすめです。

 

占星術おすすめ本④ わかりやすくて実践的な本を探している人へ

おすすめ本③の「占星術完全ガイド」は内容は充実しているのですが、少々表現が難しいのが難点。
そんな人はまずこちらの鏡リュウジさんの本から読み始めてみてください。

実際に自分のホロスコープを読み解きながら解説を読んでいくことができるので、一通り読むことができるようになると思います。

 

占星術おすすめ本⑤ 星座別の解説をもっと詳しく知りたい人へ

太陽星座や月星座以外にも、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の星座ごとの解説が載っているので、ホロスコープを読み解くのにとても役に立ちます。

文章もわかりやすく、各天体ごとにワークも挟んであるので、実際にホロスコープを見ながら読み進めていくことで理解が深まっていくでしょう。初心者の方でもわかりやすい本でオススメです。

 

占星術おすすめ本⑥ 月についてもっと深めたい人へ

こちらはルネーション占星術という月の満ち欠けをもとにした星読みについての本です。
月星座以外にも、月と自分との関わりについて知りたいという人におすすめ。
この視点を得られると、また違った側面から自分を分析することができます。

 

占星術おすすめ本⑦ 心理学との関わりを知りたい人へ

現代における占星術は心理学の分野と深く結びついています。
心理学者であるユングも占星術を研究していました。

占星術を単なる占いではなく自己を深めるきっかけとしたい人はぜひ読んでいただきたい一冊です。

内容は少し難しく応用的なので、基本的な知識を習得している方にオススメの本です。

 

占星術を学ぶのに動画もおすすめです♪
占星術の面白さを知りたい、深めたい
そんな思いを持つ方は動画で学べる無料講座があります。

ぜひ星読みの世界を楽しんでくださいね。
hoshikokoro

無料星読み講座はこちらから

「星読み無料講座」レビューはこちら

光 1

こんにちは、まーしゃです。 わたしは星読みを通して、 ・誰もが自分の深い部分とつながること ・自分の人生を見つめ、よりよい生き方を自分の力で創っていくこと そのきっかけを提供したいという思いでこのサイ ...

-占星術とは?

Copyright© Hoshiyomism , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.